2016年06月09日

YouTube動画小説向上委員会作成マニュアル

posted by KURARIN at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「クリントンキャッシュ」の波紋

ヒラリー・クリントン元国務長官が任期中に280億円、ビル・クリントン元大統領の講演料が108億円。この夫妻が創設した「クリントン慈善団体」に支払われた約400億円に関するドキュメンタリー映画が波紋をよんでいます。民主党大会が開かれる前日の7月24日に公開されるので、大統領指名に及ぼす影響ははかりしれない。サンダース氏が最期の最期で大逆転もないではない。サンダースVSトランプでは圧倒的に前者の勝利は間違いないといわれる。メディアでは民主党大会では事実上ヒラリーの指名で決まりとアナウンスをし、ヒラリーも報道の通りにきまるだろうと勝利宣言。だが、それは期待外れに終わる可能性はなくはない。大会での特別代議員を取り込める最期のチャンスで、サンダース氏が良い負けかたが、再び土俵での戦いとなる。たしかに、サンダース氏が負けるだろうが、それでいいのだ。つまり、ヒラリーが過半数に達しなければ決戦投票になるので、サンダース氏が大統領になる可能性はある。例え、ヒラリーが指名され大統領になっても、スキャンダルはなくならず、任期半ばで頓挫する可能性は十分にあり、副大統領の選出にも注目は集まる。トランプ氏との対決では、ヒラリー氏は苦戦するとの世論調査を民主党はどう見るか。
posted by KURARIN at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする