2016年08月19日

日本の政治と角栄を滅ぼした立花隆氏と文藝春秋


1976年の7月に田中さんは外為と収賄で逮捕されていた。

私がまだ美大生の頃である。それ以前から日本と米国の間では、

民間レベルでの航空機の売り込み商戦が激しくなっていた。

立花氏は当時文春の記者で田中金権批判で名を馳せていて、

文藝春秋社も彼も米国からのスパイ説も出るほどだった。

いまでも個人的にはそう思っている。米国では犯罪の対象にならない、

多国籍企業からの外国政治家への献金。

ロッキード社副社長コーチャンが嘱託尋問で証言しても罪には問われない環境で、

日本は検察特捜部の強引な介入によって現職の総理が逮捕されたのだ。

立花氏は米国から命を受けて下地をつくっていたのだろう。

田中さんを応援していた私はそうとしか思えなかった。

私の実家は新潟三区ではなく、四区だった。稲葉法相の選挙区だ。

地元では当時四区の地域の人々は精神的には村八分的な扱いを受けていたのだ。

ロッキード社が児玉氏を通して5億円を授受といわれてはいますが、

「よっしゃ、よっしゃ」は検察の捏造状況ということになる。

児玉ルートでは30億円が児玉氏を介して、

田中氏にわたったというが、ハッキリとした証拠はないのである。

ロッキード社での不祥事を演出したのが、

チャーチ委員会で、これもかなり胡散臭いものがあった。

ロッキード社からの書類の中に、田中氏の他に、

中曽根・竹下・中川という名前があった。

当時、英文でもTIMEや号外などで流れていた。

ロッキード事件は、いわばおまけの事件で本命の一件があった。

それは、P3C対潜哨戒機を純国産すると言われていたのが、

ロッキードからの購入となった。

いわゆる純国産化白紙還元というふれこみだった。

民間の航空機の額とは比較にならないほどの防衛予算であり、

そこに利権が発生する。当時の運輸大臣は米国との仲が良い中曽根氏だ。

当時防衛庁では大事にならないように、

ロッキード社との贈収賄事件に切り替え、

米国が排除したい田中氏の疑獄事件でスケープゴートされたという。

同じような事件で、

クリントン・キャッシュの一件では海外からの利権から生まれたゴシップだが、

ウォーター・ゲート事件に発展する可能性は高いとみている。

その時代にはその時代での裏と表のかけひきがあるのは当然だとおもうし、

マスメディアの情報が全て正しいなどとは、

ゆめゆめ思ってはならないと何時も肝に銘じている。


posted by KURARIN at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする