2015年11月22日

「はいこちら2020東京五輪」第三章:その六

第三章 1940-2020 歴史は繰り返す


<登場人物>

・僕:中山正輝
・僕の妻:恵理子(野猿系)
・僕の長女:千鶴(野猿系)
・同僚:船橋真吾(イケメン系:代表権のないくろくま広告社社長)
・船橋くんの妻:美智子夫人(ハイソ系:くろくま広告社会長<実質的な経営者>)
・船橋くんの娘:絶世の美女:みどり君
・銀座マネキン嬢(昼は銀座通りのマネキン嬢、夜は銀座のサロン嬢:ユキ、ナオミ、サトミ、ミキ他。全員国立大出身のインテリ)
・安土城天守閣での時空を超えた歴史上の人物の面々。
・美大の後輩:安藤(アートディレクター、ソラミミスト:今東光似の毒舌家)
・くろくま広告社元会長:広瀬弘文(美智子夫人の父)
・銀座の若旦那衆他
・霞ヶ関官僚、国会議員他
・その他随増殖・・・



<第三章:その一>


 インターネット上では、「幻の2020東京五輪」という題目で話題騒然となっているらしい。誰もが考えたくもないのがごく自然なのだが、時代の巡り合わせには逆らえない。
そうならないことを祈るばかりだが、ここまできたら、どうしたら大会返上の危機を乗り越えるかという、国民的論議も必要だろう。とにかく、大会組織の最高責任者がいないというのが最大のネックなのだ。それと、暗躍する大手広告会社の存在も無視できない。1940年東京招致成功をヒトラーとムソリーニの協力で得ていたが、日本が廬溝橋事件を皮切りに日中戦争を拡大させ、大会を返上。その後米国との戦争に突き進んでしまった。2020年東京大会も当時と状況が酷似していると言われている。1940メイン会場においては、当初月島の埋め立て地を提案したが、強風に耐えられないと却下、今の神宮界隈は住民の反対にあいこれもダメ、一年かかって七つほどの選定をしたが決まらず、IOCから批判が出たので、駒沢のゴルフ場跡地にメイン会場を決定。それが、今の駒沢のオリンピック総合公園になった。(1964年東京大会での第二会場ともなった。)今の新国立の騒動を見ていると、同じような状況であることが分かる。オリンピックは国家的なプロジェクトで、必ずイニシアティブをとる人が不可欠ではあるが、2020東京にはそれがない。困ったものである。加えて、ゼネコンやマスメディアの利権が入り込んでいるから、なおさら責任の所在がハッキリしない。東京都が招致したのだから、いま起きている新国立の白紙撤回やエンブレム騒動では石原前知事の責任は最も大きいだろうと見ている。現総理がプレゼンでの原発汚染水アンダーコントロール発言には政治的な意図もあったのだろう。ザハ案を完遂させるという発言の証拠も映像で残っているが、はたしてその責任はとれるのだろうか。しかし勝手に白紙撤回してしまった。エンブレもベルギーのデザイナーからのクレームでお蔵入り。僕と船橋と安藤の三人は2020の時代の証言者として諫言していかなければならない。信長氏の安土城には、歴史上の人物が時空を超えて遠慮なくやってくる、銀座マネキン嬢達の適確なアドバイスもある。全然役に立たない有識者会議など相手ではない。みどり君は都庁のオリンピック準備委員会で奮闘している。毎日タクシー帰りで、このところ生理も止まっているらしい。娘の千鶴はJSCの理事長が解任となり、すったもんだしている。体重もかなり落ちている。ここだけの話、落ちてもメタボな体型と野猿系のルックスは同じではあるが。みどり君の美しさとは雲泥の差は一生変わらない。イケメン系の僕に対する嫉妬も。船橋君と付き合いがある佐野氏は、いま安土城では、泊林研二郎という名で雲隠れしているらしい。



<第三章:その二>


 久しぶりに、今日は「ババ・ガンプ・シュリンプららぽーと豊洲」。船橋君が時折、くろくま広告社のOBである安藤と僕を連れて行ってくれる。月島駅から二つ目の駅だが、築地市場が近々移転するという噂もある。ババ・ガンプは映画「フォレストガンプ」に出演していた俳優が、プロデュースした店だが、古き良きアメリカのアットホームなレストランだ。そのうち船橋くんにも言うつもりだが、マネキン嬢や安土城の客もきてもらいたいものだ。ランチはないけれども、手作り感のあるサンドイッチやサラダなど素材はいたってシンプル。三人あつまると、世の中の出来事がカラクリで成立しているという見立てのもと、いつも賑やかになる。というより、騒がしい。
「安藤君しばらくだね。自営業も順調のようだね・・・」
「ほんま、ありがとさんです。先輩の中さんにもせわになってましてん・・・」
「安保、あっさり、通っちゃったね。ちがうだろ、これって感じ」
「しゃぁないでしょ、中さん。肝心の投票所いくのサボって、デモなんしてもあきまへん。無党派のひとはなーにもわかっっとらん。反対すんなら行動でせないかんでしょうに・・・」
「今度の選挙では、国民は黙っちゃいないね」
「そうでんがな。アベちゃんは、満州国で実権を握っていた爺さんの影におびえているんや。阿片王の里見とも親しかったしね・・・」
「戦前の同盟通信社、いまの電通とも根深い・・・」
「天皇と岸信介は絞首刑を上手く逃れたのも、アメリカと水面下での交渉があったことが想像出来るね」
「船橋君は鋭いねぇ・・・」
「日本の戦後の悲劇は、戦前の体制を形を変えてGHQが整えたことにあるんだ」
「ワシにはわからへん・・」
「戦争はいやだよね。やってもなんにもならないし」
「全て誠意ある外交だよ、外交・・・」
「なんか三人あつまると、変な党首会談みたいだな・・・」
「なんだってかまへんよ」
「新国立がまた密室で談合しているらしい。ザハ案ははじめから排除するらしいよ」
「エンブレム選考は入れ替えだが、音頭を取る側は変わらない」
「佐野君はもう同業の仕事は出来ないな」
「もともとあかんかった・・・。おにぎり屋さんなら繁盛か・・・」
「売れるかもね・・・」
「中さん、マドンナが来年スーパーアリーナに来るんだとよ」
「もういいよ。あの人はマンネリズムからの脱却をしないとね。そうしなければもう終わった。サプライズでもなきゃ、復権は難しい・・・」
「最近までぞっこんだったんだろ」
「浮気でもしてまんねんでっか・・・」
「そうではないけど、古典にもどったほうがいいとね」
「テイラーはいいよね。ワシの嫁さんにしたいくらいや。あのきつい眼差しがすきやねん・・」
「信長さんからの連絡。巣脳電氏が安土に行ったそうだよ・・・」
「プーチンさんが囲ってるンやないの・・・」
「たぶんね。今度911の事件と2011年ビン・ラディン殺害の真偽、アポロ計画の真実を信長さんに訴えるそうな・・・」
「現代ではないんか・・・。バラしたら、えらいことやで・・・」
「彼は歴史に波紋を起こして未来の流れを変えたいらしい・・・」
「プーチンも同じ考えか。そういや、2012年まで大統領やるから、国の統治も対米戦略も思いのままというわけやね・・・」
「そうなると、このままだと北方領土も2020東京五輪もやばくねぇ?」
「やばい、やばい・・・」
これが三人のなにげない結論。

 安土城の信長からの連絡によれば、巣脳電(スノーデン)氏という外国人が訪れているという知らせが来た。911の暴露とアポロ計画のウソを暴露するんだそうな。やはり、我らが三人行かないわけにはいくまい。



<第三章:その三>


 五輪の利権というのは、商業志向の基礎を築いた80年ロス五輪の頃からだろうか。開会式では空からロケットマンが逆噴射でスタジアムに舞い降りたのには、びっくりしたものだが、イベントのサプライズがメディアを驚かせ、放映権の利権にも波及して、今日まで至っている。IOCの半分は放映権料の実入りとなれば、なおのこと、商業化は進むことになる。開催は都市が基準にはなってはいるけれども、資金を出すのは国のほうとなるので、自ずと利権は派生する。2020東京の新国立競技場の建設では、コンペどおりに作らなければ意味が無い。当時の都知事である猪瀬氏もそう言っている。僕もそう思う。開閉式の屋根があり、キールアーチで、8万人規模、冷暖房付きでも、当初の予算で収まっていただろう。キールアーチの経費は250億円前後と言われていた。ところが、日本のゼネコンがどういう思惑で価格をつり上げたのかよくわからない。クーベルタン氏もさぞお嘆きだろう。ザハ女史も面食らっているようだ。世界の常識では、採用されたのに契約を勝手に解除された事実は五輪の歴史に汚点として残るだろう。史上最悪のメインスタジアムの誕生も夢ではない。かち割りや冷房グッズの配布では、到底無理だろう。第一来場者にも失礼だろうし、VIPにも比例極まる発想と言える。安倍氏は招致コンペでのザハ案を自信をもって支持している。白紙撤回したのは、単なる建設費だけの事ではないだろう。内閣の支持率がどんどん下がっている状況を打破するには、既成事実を作って、打って出た公算の可能性が強い。建設の高騰で国民の理解が得られていないという、勝手なふれこみで、ザハ案を白紙撤回。国民の理解とはどこで判断したかは良くわからない。開会式は駒沢オリンピック公園も視野に入れるべきだろう。
 JSCの理事が辞めさせられ、下村文部大臣も辞表を提出、エンブレム選考委員会も全員入れ替え。なぜ電通・博報堂ともあろうものが、イニシアティブを取るのをやめて、引き下がった理由もわからない。あの佐野五輪エンブレムの採用までの経緯が暴露され、広告代理店業界のイメージも悪化したように思う。残念なことだが、仕方があるまい。ここで、森氏や遠藤五輪担当も辞めるとなると、2020東京五輪は完全にアウト。このままいくとイスタンブールやマドリードでの代替開催の可能性はなきしもあらずだ。
 船橋君、安藤、僕達の三人は、企業や組織で動く周りから見れば、煙たくなる存在らしい。トップであれ地位の上下に関係なく、ずけずけ物を言う一種の性癖があるからだろうか。それはそれで仕方が無い。生きている内はこの時代の証言者とならなければならない。そして、僕たちの周りには、信長公を始め、マネキン嬢達の後押しもあるから心強い。よく考えてみると、今の自由民主党の本当の姿とは、こうではないはずだ。時の政権、今安倍氏が進めている色々な為政の状況は、めちゃくちゃな感じだ。世界からは冷やかな目で見られているし、その多くが違憲的な色彩が強い。いわば内閣の国民に対するクーデター的な行為と言えなくもない。その結果は、2016年の参議院改選もしくはW選挙で判明することだろう。それでも、無党派層や無関心層が投票所に行かず、低投票率で終えるとすれば、戦前の大政翼賛体制が強化され、2020五輪の行方はわからなくなる可能性は高い。僕たちにはそれが気がかりだ。もし、そうなれば、その責任は有権者自身にフィードバックして、その子供達は戦地にかり出され、悲惨な運命を背負うことになる。そうならないために、僕は自由民主党のリベラル派の台頭の必要性を説いている。憲法の自由気ままな解釈が横行すれば、日本は無法国家となり、為政者を監視するチャンスはなくなる。そのとき、僕たち日本人は悪夢の再来に覚悟を決めなければならない。
 安倍氏の国連での演説は、目を被うような内容で、諸外国からも冷笑されたに違いない。「エコノミック、エコノミック、エコノミック・・・」もう恥ずかしくて聴く気にもなれない。そう思うのは僕だけではないだろう。ますます日本が世界から孤立化を深める要因を増やすだけだ。オバマ大統領も彼に会おうとはしなかった。自己陶酔と自己否定を容認するような、トンチンカンな演説。日本の現状を無視した経済志向だらけの為政は
この三年間で30兆円のばらまき外交をしただけの、アベノミクスの失敗を招いただけ。大企業ばかりにしか利益に目を向けない。そこでおこぼれが出れば、中小へもという発想は、半世紀前のもの。庶民には廻っては来ない。電通も70年代の広告手法がマンネリズムと化し、広告枠の切り売り商法の様なもので、消費には結びつかない。佐野五輪エンブレム推進もおなじような発想でやるから無理がでる。TVも視聴率優先システムも大きな利権として残り、景気への足かせとなっている。景気が悪くなっているのに、日銀は緩やかな回復傾向にある?マイケルジョウダンにも程がある。アベノミクスは、増税をするための隠れ蓑。生活苦が世帯がどんどん増えるのに、ばらまき外交は増加の一途。小泉進次カ氏の政権まであと少し。石破氏では心もとない。谷垣氏はもう終わった。菅氏はミイラ取りがミイラになった。安倍氏は来年の参議院の大敗を待たずに、辞任する可能性は高い。
日本を戦前化させようとしても、国民の大多数や米国が黙ってはいない。一番良いのは日本国民のために、安倍氏が出来るだけ早く静養して引退することだろうか。手遅れにならないうちに。1936年のベルリン大会ではヒトラー・ナチ政権だったが、その二年後に東京大会を返上している。政治的状況は酷似していないだろうか。日本国憲法を無視して戦前の翼賛体制を目指す安倍氏の危険な戦略は、2020東京五輪の芽をつむようなことがあってはならない。いくら勝手に法整備をしても世界はこれを認めないだろう。
 安土城にいる船橋君から連絡が入った。武蔵境から安藤と一緒に来てくれとのことだった。


<第三章:その四>


 2020東京五輪のエンブレム新案や新国立建設白紙案の行方に暗雲が漂いはじめた。問題の大会組織委員会マーケティング担当者や、クリエイティブディレクターが外されたのは良いのだが、密室での非公開では国民の理解が得られないだろう。佐野エンブレムがCMから消えて違和感が消え失せたようにも見える。ブラックエンブレムは視覚的にストレスが溜まると安藤が言っていた。素人の人もそう思うに違いない。新国立は作らなくて、開会式は街中でというとんでもない案も飛び交っている。それに輪をかけて、舛添氏は日中韓同時開催という目に余るサプライズも否定はしていない。ザハ案が日本の建築家の了見の狭いわがままで反故にされたのは痛かった。招致コンペでは責任を持って建設しますと言い切った安倍氏は我関せずといった態度に出ている。我ら三人の賢者?からすれば、これはまさしく詐欺行為といえる。東京都が勝手に2020東京五輪に引っかけて、ロゴマークを発信するという。舛添都知事が発表。五輪はまさしくバラバラに動いているように見える。大丈夫なのだろうか。僕達三人は、ヨーカ堂の地下にあるフリースペースでよく癒される。平日などはまさに、至福の時である。船橋君は一人でも良く来るという。一種のパワースポットとも言える。余り人には教えたくない僕達の聖域でもあるのだ。この一角から、安土城天守閣宴会場へのタイムトンネルを通っていくのだが、逆に戦国の世から現代に来る人も多くいる。現代から安土へ。そしてそこを迂回して現代に来る。まさしく、時空を超えたトライアングルゾーン。船橋君が既に行っている安土城に行く前に、安藤と落ち合う約束だったが、いま、小作にいるという。メールでは、なにやら、船橋君の依頼で知人のFさんのレストラン「南国カフェ・シェスタ」の取材に来ているという。その店の居心地の良さに、時間も忘れてしまったという。
「先輩、えらいおそうなって、すんません。取材してたら、ご馳走になってしもたんですわぁ。若い頃はえらいベッピンさんとちゃいます?お客さんもぞろぞろと。帰りとうなくなったんですわ。先輩と安土へいくう約束忘れてしもうて。ミスドーのコーヒーでも奢らせてもらいます・・・」
「なぁ、安藤、いいよいいよ・・・・」
「そな、割カンで・・・」
「奢りでいいよ・・・」
「あっ、こまいのあらへん、先輩やっぱりたのんます・・・」
「しようがないなぁ・・・」
「ところで、ノーベル文学賞、村上はんでっか?
「いや、やっぱりダメだったねぇ」
「そりゃ、そうでっしゃろな。文学者は反骨でなきゃいけませんのや。もろた人は元ジャーナリストの女の作家さんでっしゃろ。やっぱりなぁ、経歴が半端ない。村上はんは、何を訴えたいのかわいにはわからへん」
「見ている人は良く見ているんだってことだよ」
「さ、先輩、温かいコーヒーでも飲まんと・・・」
「船橋はもう信長公と差しでやってるんだろうな・・・」
「わてらの分もでっか・・・」
「安藤、じゃぁ、とにかく、行くとするか・・・」
 僕と安藤は、いざ、安土へ・・・・・。





<第三章:その五>


 僕と安藤の携帯に安土城で信長公と差しで宴を催している船橋君から、執拗に催促が来ている。21世紀の日本と世界の現状を信長公が知りたがっているという。2020東京五輪のことや信成君のフィギュアスケートの成績も気になっているらしい。彼がとうに引退してタレントになっているというのは内緒にしておくべきだろう。信長公のことだ。バラしたら船橋君の命はない。安土城が少し傾いているという知らせも入っている。横浜の傾斜マンション騒ぎは戦国時代にも伝わっている。今回の安土城落成の宴には、スノーデン氏とプーチン氏がそろってタイムワープしているのだという。安倍晋三氏はどうでもいい外交の途中で居所がわからなくなり、日本の政府は中央アジアを捜索中だという。そりゃぁそうだろう、TPPで日本を乗っ取ろうとしているオバマ氏と一緒に安土城に行ったのだから。シリアのアサド氏も生き返ったビン・ラディン氏もフセイン氏も一緒のようだ。銀座のマネキン嬢達を船橋君が連れて行ったらしい。「NHKあさが来た」に再登場した土方歳三やザハ女史もかけつている。僕と安藤はどういう宴になるのか戦線恐々なのだ。この日安土に行くのはやめにして、気晴らしとして、昼食は六本木のミッドタウンの向かいにあるメルセデス・ベンツのテーマレストラン「UPSTAIRS」で摂ることにした。VWが大衆車のディーゼル不正ソフト搭載で騒動を起こしている中、セレブ御用達のベンツ社は一線を画している。お客はそれなりの身なりの人達が多い。僕と安藤には分相応ではないのだが、船橋君の紹介でもあり何気なく食事を摂った。店内の雰囲気は良い。ピザとパスタがほどよい美味しさである。建物も垢抜けしたレイアウトで癒される。その後に「ハードロック・カフェ」に立ち寄ることにした。ここは、ロック好きの我ら三人組の癒しの空間だ。お客の半数は白人系の外人だ。外国に来ている雰囲気で、お店の対応も良好で実にフレンドリー。コーヒーはおかわり自由ときた。安藤はまさかの5杯のおかわり。それでも文句は言わない。雰囲気はMLBカフェに似ている。マイアミ、ニューヨーク、モスクワ、ラスベガスなどのお店もリアルに閲覧できる。ダンシング・ストリートというビデオが流れていた。ミック・ジャガーとデヴィッド・ボウイがおかま風のイメージで展開しているコメディタッチの面白いミュージックビデオで、ほんと笑える。今では貴重な映像だろう。テイラー・スイフトのアルバム作品「1989」からのミュージックビデオが続いた。ブランク・スペース、バッドブロッドは大ヒットしている。2015年は500億円も稼ぎ出すという。まさにマドンナの記録も塗り替えようとしている。彼女は無敵のシンガーソングライターと成った。2020の新国立もエンブレムのことも報道されなくなった。未公開ということなのだろうが、また同じ過ちをくりかえすような気がしてならない。強気の安藤も心配している。





<第三章:その六>


 安土城が杭打ち職人の不手際で修理中だという。天守閣では西洋列強の首脳達が時代を超えて、熱心に語り合っているという。船橋君から極秘のメールが来た。戦国時代からの通信は人類の歴史を管理する未来の時空戦略局の担当なのだが、いま一番問題になっているのは、21世紀における地球文明の紛争とのことだ。フランスのパリでは、ISのテロ集団が多くの市民を殺戮し、その報復として、フランスはシリアへの空爆の報復に出ている。戦国時代から続いているキリスト教圏のイスラム教社会への圧政と侮蔑が五百年後も続いているとは信長公もびっくりポンの様子らしい。スノーデン氏やISの幹部が安土城に乗り込み、宴に参加するというショッキングなうわさ話もあると安藤から聞いている。ISの指導者バクダディ氏は元CIAで、イスラエルのモサドと繋がりがあるらしく、彼自身ユダヤ人だという。ISへの資金提供者はベールに包まれておりだれもわからない。噂だが、米国もその片棒を担いでいるという。軍産複合体の予算が日本の一般会計の倍もあるペンタゴンだ。世界にテロの紛争を拡大させ軍の維持を確保するという戦略なのかも知れない。シリアへの空爆が多くなればなるほど、世界各地に難民は増え続けることになる。イギリス・フランスのオスマン帝国を勝手に分断したその罪は果てしなく大きい。2020の東京五輪の報道も少なくなり、寂しい限りだ。本当に開催するのだろうか。みどり君も最近ノーコメントのようで、箝口令でも敷かれているのどうかわからない。加えて、ロシアのドーピング不正が国家ぐるみという第三者委員会の公式会見があった。2020東京五輪への影響がないことを祈るばかりである。マスメディアや国民、舛添知事までもいくぶん白けているようにも見える。真夏のあの盛り上がりは一体何だったんろう。大手ゼネコンの杭打ち偽装事件も拡大の一途であるし、それが時空を超えて波紋の現象を起こしている。泊林研二郎氏はいまどうしているだろうか。人の噂も75日になろうとしている。そろそろ復帰するのかも聞いてみたい。表向きには同じ業界ではとうてい無理な様にも見えるが。安藤の家族の不幸があり、僕もしばらく喪に服していた。49日も過ぎれば彼の毒舌が聞ける。楽しみである。
posted by KURARIN at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック