2016年05月27日

SNS社会専守防衛術

「SNSで悲劇を生ませない方法」

アイドルを目指している人がファンからの執拗な追いかけと偏愛的な行為で、
あってはならない悲劇が起こりましたが、誠に残念でなりません。
普段の芸能活動とネットでのリアルな一対一でのコミュニケーションは、
お互いのオンとオフの境をなくして、閉鎖的でスルーな空間が生まれてしまい、
心理的に本能に対する自制が効かなくなるようになります。
それがソーシャル・ネットワーキング・サービスの最大の弱点となります。
未成年者がTwitterやLINE、Facebookなどで、見ず知らぬ相手とネットでの交遊を深めても、現実の生活では全く関係がない。前もって互いに知っているのなら問題ありませんが、ネットと現実のギャップが見えたとき、そこに悲劇が訪れるようになるのです。
なぜなら、ネットでの情報はいくらでも誤魔化せるし、調整が可能で、現実とは相容れないものだからです。例えばある女子高生Aが、SNSのサイトで、同じくらいの女子高生とB知り合ったとします。女子高生Aと女子高生Bはともに成りすましの可能性はなくはない。その逆で、両方ともちゃんとした女子高生の場合もありますが、そのケースはほとんどないでしょう。成りすましがネットから離れて、現実に出会ったとします。そのとき、嘘がバレたら・・・。その時の衝撃はかなり大きく、そのギャップを埋めようにももはや言い訳は無用で、互いに気まずくなるはずです。逃げ場がなくなり、お互いに身を守ろうとするようになり、最悪、刑事事件に発展することでしょう。毎日ニュースで、不適切な関係での刑事事件が報道されていますが、閉鎖的なSNSでの交流が深く関与している可能性は排除出来ません。武蔵小金井での事件は惨くて許せませんが、回避することは出来たはずです。被害者の女性は、アイドルをめざして頑張っていたわけですが、相容れないファンからターゲットにされるという予測を普段から訓練していた方がよかったのかもしれません。ファンというのは、移ろいやすく、いい人ばかりではないので、常に一人で日常活動をしているという状況を、知らせてはいけない。嘘でもいいから複数の関係者といつも行動しているという印象持たせておいたほうが、身を守るにはいい方法だったでしょう。銀座の売れっ子ホステスが、気に入らない危ない客からアフターに誘われても、お礼を言いながら複数の同僚も連れて行くことを知らせれば、まず気まずいことは起こらない。要するに、ファンや顧客からの直接の贈り物や誘いがあっても、失礼がないよう相手の面子を保ってあげながら、快く受け取り、自らの防波堤は作っておく。まずは、軽はずみにSNSでのやり取りは自制するようにしたほうが、身を守るためには必要なことです。女性は常に必ず逃げ道は用意しておくことです。

posted by KURARIN at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック