2018年09月07日

日本国のブラックアウト。

21号の台風と北海道の大地震の被害が大変なことになっている。

北海道の全世帯約300万戸が一斉に停電となった。

火力発電所が電力の供給と需要のバランスが壊れ、需要者よりも自分を守るために、

AI(といったらいいだろう)が完全に停止をさせてしまった。

それを「ブラックアウト」と言うらしい。

クレジットカードも携帯もATMもつかえなくなり、現金にすがるしかなくなる。

キャッシュレス社会への一つの警鐘にはなりえる。

永田町ではそういおう震災にはかまわず、

形だけの報連相でのポーズをとってはいるが、

官邸では自民党の総裁選のことで頭がいっぱいらしい。

総裁選は現実的な対応が迫られているのに、日程ありきが優先している。

6年間の安倍政権の評価を検証する自民党員さんの良識がどこまでであるのか、

どちらが勝つにしろ、世論は厳しく注視していることは間違いない。

このまま永田町が蔓延した体制を続けるのなら、

日本国のブラックアウトが心配になってくる。
posted by 二四七 一六二九 at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: