2017年10月28日

立憲民主党は再び民進党に?

今回の選挙で消滅の危機にあった民進党だが、
前原氏のおかげで首の皮一枚で生き延びられた功績?は大きい。
ハラをくくって希望に行った元民進の議員は後戻りはできないだろう。
当選するために仕方なく行った議員は落選したはずだ。
小池氏の失言による立憲民主党が生まれた経緯は無視できない。
民進党はまた振り出しに戻ろうとするのだろうか。
そんなことだったら、まだ希望の方がましでもある。
今回の獲得議席は小池氏にとっては想定内だったとみる。
足場を堅めるくらいの議席数でよかったのだ。
そうでもしなければ二刀流は難しい。
前原氏からの突如の合流話しに簡単に応じなかったわけだ。
予測だが、
2019年あたりの次期解散総選挙では小池氏は打ってでるはずだ。
2020東京五輪の直前に都知事選があるが、それは避けるとみる。
内外の情勢から見て今回の新内閣はおそらく2年はもたないだろう。
posted by KURARIN at 06:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

潮流心理学、社会心理学的に選挙の行方を追う。


選挙戦では当落に生活がかかっている各候補者には、
弁士(詭弁?)としての評価が問われるわけだけれども、
目先の票集めに走る余り逸脱した発言も出しやすいことは理解できる。
代議士は選挙戦の間だけ戦えばいいという物ではない。
選挙期間だけ選挙民に都合の良いことばかり並べて演説するのは、
仕方がないともいえるが、例えば、民進党の方が心ならずも希望の党から、
立候補した場合、籠の鳥状態で有権者に訴えることに自分を縛ってはいないか。
政治家は口先だけで当選することはできるが、
その逆もあるのだ。
日頃スキャンダルなことで話題をふりまいている候補者が、
背水の陣で死を覚悟で訴える姿に優るわけがないのだ。
選ぶ方は見る目が節穴だと思わないで欲しい。
思っているのはマスメディア(新聞・雑誌・TV)だろう。
昨年、ヒラリーの圧倒的勝利をメディア全体が、
報じていた記憶はあるかと思うが、
実際には隠れトランプ票やサンダースの一部票がどっと、
なだれ込んで、メディアの予測はことごとく外れてしまった。
選挙人の総取りシステムに批判はあるが、ルールはルール。
今回の総選挙にはそれに似た潮流を感じるし、
自公300議席をうかがう勢い?
巷ではそんな風は吹いていないように思える。
マスメディアが勝手に予測するデータも信頼できるのかどうかも疑わしい。
隠れアンチ安倍票や自民党諫言票はかなりあると見ているので、
限りなく100議席を失う自公政権の瞬間が見られないわけではない。
そうなると、スカッとする気持ちにはなれるかもしれない。
それにしても、自公政権側が大勝を確信してか、
文科省側は10月23日に加計学園の獣医学部を認可発表し、
併せて加計学園側が会見を開くというのは本当なのか。
悔しいけれども官邸の高笑いが聞こえてきそうだ。

政局の権力構造はシーソーゲームのほうが、
民主主義社会には必要なのかも知れないね。。。。。
posted by KURARIN at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする