2017年04月07日

日本の立ち位置

米国の文明的立ち位置は、歴史の檜舞台から自ら退き、
身の周りの保身を優先させ、
後は野となれという利己的なものとなったといえる。
未曾有の今の時代に、実業家が初めて大統領になった初の事例なので、
それが良いのか悪いのか私達には今は判断できない。
21世紀の第四四半期の評価は、
未来の歴史書が書き残すに違いないだろう。
ただ、推測や憶測、予測をすることは可能だろう。
いつの世でもその時を動かす歴史の牽引者はいるはずだ。
日本は見方を変えれば可能なのに、
いまそのリード役には不適格と言わざるを得ない。
森友学園や加計学園と官僚・為政者との不適切な蜜月は、
多くの問題点を派生させている。
真実の程は時が解決してくれると思うので、待つしかないが、
有権者の関心度は高いと言えるので、次の総選挙では、
安倍夫妻や現政権への批判票は多くなるに違いない。
中東各地からの日本の難民対策が問題になっている。
難民申請者が10,000人を超えているというのに、30人未満しか、
許可しないのは国際的に見てもかなり批判されるだろう。
官僚側の頑な保身と面倒くさがり体質は、今後世界の問題となる。
それは避けられない。
国のシステムが綻びはじめている。何故なのか?
それは本来の保守中道政治が、偏向的な右派誘導になったからに他ならない。
例えば、戦後の世界秩序では、
敗戦国日本は日本国憲法の名において、進まなければならない。
いわば戦勝国に未来永劫監視されているわけで、
かれらとおなじ土俵に加わることは不可能にちかい。
良いか悪いか別にして、集団的自衛権は戦勝国側かわからみれば、
戦前の旧日本軍の侵略的イメージを想起させるはずであり、
専守防衛に特化した世界戦略と中立平和外交こそが、
日本の生きる道であることは間違いない。
韓国内がいま騒然としている最中、長峰大使が帰任するのは、
日本の傲慢さを意味していると捉えられているが、私もそう思う。
慰安婦像とは誰が命名したのか知らないが、
旧日本軍の負の遺産として消え去ることはないだろう。
平和記念像というのが正しい名称なのかもしれないが、
名前などどうでも良いが、韓国民が納得してくれるには、
どうしたら良いのか日本政府は再考すべきだろう。
政府間で金銭的に解決しても収まらない理由に対処する必要がある。
posted by KURARIN at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

監視されている地球文明と人類。


有史以来の人類の軌跡は、殺戮と破壊と縄張り争いの繰り返しで、
それが当たり前のこととして、歴史の出来事を認識してはいるけれども、
今現在の文明が本当に進化しているかと言われれば、
イエスとは言いがたい。
地球には説明のつかないことやものが数多く存在するし、
証明をすることも不可能であり、仮説の域を出ることが出来ないでいる。
血液型が四種類、白人・黒人・黄色・混血の分類、
謎の建造物や歴史書(聖書・コーラン・仏典)、
種の起源はあくまで仮説であり、猿から人類への説は証明されたわけではない。
証明できないので、唐突に人類の祖先が球外知的生命体と言うつもりはないが、
出来ないからそうでは無いともいえない。つまりわからないから、想像の域で、
とらえるしか術はないのだ。
旧約聖書で神に近づこうとする人類の放漫さを戒めるために、
多くの言語別に種族を各地に分散させ、試練を与えたバベルの塔は、
人類が何ものかに監視され試されている可能性を伺わせる一例ともいえる。
今現在の世界の緊張感は限界に来ているように見える。
ピークオイルはいつくるのか、勝手に金融工学者が作ったマネー社会の混乱、
果てしない縄張り争いの繰り返しと殺戮、そして止められない欲望と利己的行為。
トランプ氏はある意味オバマ氏よりは実行力はあるが、
近視眼的な発想と非寛容の視点でしか物事を進められないのが短所だ。
就任してもうすぐ100日だが、それ以降は多くのジレンマが彼を悩ますだろう。
人類の客観的視野と危機感の共有をもつのが、
世界を指導する立場の国の有り様なのだが、それも自ら降りるという。
ウォール街のリセットもせずに、リーマンショックで世界に散らばった、
不良債権は7000兆円。トランプ氏はそれをまた増やそうとしている。
世界で十人にも満たない富豪の持つ資産の合計が、
人類の半分ほどの資産に匹敵するという格差と不公平。

監視する側はどうみているのだろうか。。。。。。。。


The watched global civilization and mankind.

A human track since history is a repeat of a slaughter, destruction and a territory quarrel.
That recognizes an affair of history as a proper thing.
When you say whether the civilization current as of now evolves really.
It's difficult to be Jesus.
The thing which isn't explained and a thing often exist in the earth and.
It's also impossible to prove it, and it isn't possible to go out of the area of a hypothesis.
A blood type, for four kinds, a Caucasian, a black people and classification yellow of mixed race background.
A mysterious structure and a history (the Holy Bible and koran Buddhist scriptures).
An origin of a seed was a hypothesis to the end, and an opinion to the human race wasn't proved from a monkey.
It can't be proved, so there is no intention a human ancestor calls an intellectual life form outside the ball abruptly.
It can't also be said that I don't meet because it isn't possible. In other words, because it isn't understood, it's the region of the imagination.
There are no ways but it's caught.
To scold irresponsibility of the mankind who tries to approach a god for Old Testament.
The Tower of Babel a trial made all part disperse the race according to many languages, and where was given?
It can also be said the example which makes a possibility that the mankind is watched and tried in whether they're no things ask.
Tension of the world current as of now seems to come to the limit.
Confusion of the one when does peak oil reel or the money society a financial engineering person made selfishly.
Repeat of a boundless territory quarrel, the desire which can't be slaughtered and stopped and selfish act.
There is executive ability more than Mr. meaning OBAMA who has Mr. cards.
It's a weakness that a matter can be advanced only by shortsighted idea and a non-tolerant viewpoint.
It's installed and is 100 days soon, but many dilemmas would disturb him after that.
Sharing of human objective view and awareness of danger, a horn.
It's the position of the country in the viewpoint where the world is guided, I say that I also retire from that personally.
Without resetting Wall Street, it was scattered about the world by Riemann shock.
Bad assets are 7,000,000,000,000,000 yen. Mr. cards try to increase that again.
The total in the property the wealthy man who doesn't have has filled with the world for ten people, too.
The differential which equals property and unfairness like human half.

How is the watched side being seen?
posted by KURARIN at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

保守同士の争い。

籠池陣営も安倍陣営も保守右派の砦一派の輩ですが、
同じ屋根の下で仲違いしている騒動ぶりには辟易してしまいます。
客観的な視点でものを言う西田議員は、いつもの質疑ではなく、
保身的な立場で対応していた。良識の鏡である彼らしくない。
彼の立場だったら両者の証人喚問を唱えるべきだった。
政府与党はもはや完全なもみ消しや、
逃げ切りの道しか残っていないように映る。
表向きはのんきに構えている官僚側も、
これからは日々悩むことになるだろう。
個人的にはどちらが正しいとか正しくないとかというのには、
はなはだ関心はなく、事実はどうだったのかということ。
憶測だが、昭恵夫人から籠池理事長への現金の差し入れは、
一般的には信じがたいが、
全てを賭けて国会証問に臨んだ覚悟には敬意を表したい。
不満なのは財務や国税の官僚の行動だ。
重要文書をすぐ廃棄するのは慣例の範囲だと言うが、
一般的にはこれは証拠隠滅と言っていいだろう。
発言内容も偽証的である。
昭恵夫人付きのFAXは完全な公務の内容といえる。
SNSやメールは公文書ではなく、
成りすましや怪しい部分は多々あることから、
100%信じるわけにはいかない。
籠池側からの陳情の手紙がようやく公開されたが、
ゼロ回答どころか満額回答に近い状況になっている。
谷氏への責任転嫁は政治家のするべきことでない。
検察関係は籠池氏の偽証罪は難しいと言う。
籠池理事長の思いと学校の方針に共感した安倍夫妻には、
今後多くの責任がのしかかるだろう。
籠家氏と相打ちということになりそうである
posted by KURARIN at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする